予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

日本学力振興会

SHARE
日本学力振興会

医学部合格のための予備校ランキング

例年合格者の上位を争う予備校6校に通っていた方で、医学部に合格した先輩たち100人に聞きました。もっとも評価の高い予備校は?

1 メディカルラボ

各生徒の現在の実力、志望校の合格ラインを吟味した上で、1対1の授業形態で個別カリキュラムで授業を実践する学習システムが、高く評価されました。医学系専門予備校だけに、受験情報が豊富であること、過去のデータに則った受験対策がしっかりと整えられていることでも高得点を獲得。各大学の医学部担当者を招いて定期的に実施している入試説明会や講演会なども、同校の信頼性を高めています。

項目 受験戦略 講師の指導力 学習環境 受験サポート 満足度
ポイント 75ポイント 25ポイント 8ポイント 17ポイント 75ポイント
順位 1位 1位 2位 2位 1位

合計ポイント200

平均順位1.4

公式HP

圧倒的な授業数で医学部合格に必要な勉強量を確保
日本学力振興会は、難関一流大学や医歯薬大学受験に強い予備校です。最難関といわれる受験を突破するのは、いかに多くの時間を受験勉強に費やせるかが重要になってきます。そのため、受験指導の質と量にこだわり、他の予備校と比較すると、約1.5~1.8倍の授業数を展開しています。

■最大30名の少人数制授業で医学部に最短合格
10名以下の少人数授業だと生徒一人ひとりがプレッシャーを感じてしまうため、適度な緊張感をもちながら授業に集中できる「最大30名」を採用。学校の1クラスより少ない人数のため、講師が生徒の状況を把握しやすく、カリキュラムの進度や健康状態などにも常に目を配っています。

■学生講師がその場で答える「巡回個別指導」
「巡回個別指導」という独自の学習システムを実施。スタディ・ルームと呼ばれる教室で、東大・東京医歯大などに在籍している優秀な学生講師がチューターとして個別で対応しています。各教科のチューターがバランスよく教室内を巡回しているので、気軽に質問することが可能です。

■精神面から医学部受験をサポート
休む間もなく受験勉強をしている受験生の負担は体力的にも精神的にも大きいです。日本学力振興会では、学習サポートだけでなく、「心のカウンセリング」も大切にしています。受験に関する悩みや日常生活、人間関係の悩みなど、どんな悩みでも親身になって話しを聞き、解決に向けてのアドバイスを行っています。

日本学力振興会の基本情報

タイプ:
予備校
授業形態:
少人数授業
コース・クラス:
・高校生コース
志望校現役合格を目指す高校生のためのコース。

・高卒生コース
難関大学、医歯薬大学を目指す高卒生のためのコース。
授業料:
学年や受講数によって異なります。詳しくは日本学力振興会までお問い合わせください。
施設・設備:
スタディ・ルームがあり、学生チューターが教室内を巡回して、質問に答えています。
合格実績:
【医学部】
日本医科大学/順天堂大学/防衛医科大学校/東京慈恵会医科大学/島根大学/北里大学/日本大学 など
講師の特徴:
プロ社会人講師は、東大・早慶などの難関大学出身の講師が多いのが特長。また、チューターと呼ばれる学生講師も全員、一流大学に在籍している優秀な人ばかりです。
校舎情報:

東京都新宿区西新宿7-16-6

人気の記事

おすすめコンテンツ