予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

千葉大学 人材育成拠点形成事業 総合診療医を継続的に養成

SHARE

千葉大学が2014年4月から「超高齢社会に対応する総合診療医養成事業」を開始します。文部科学省の未来医療研究人材養成拠点形成事業の選定大学に選ばれたため、今後は同大と地域が連携して、総合診療医を輩出する仕組みをつくっていく方針です。

これまで同大は、複数の臓器疾患を横断的に診療できる学習の仕組みづくりに力を入れ、専門家の育成に取り組んできました。この事業では、大学の医学部・薬学部・看護学部が地域と一体となって、複数の疾患を抱える高齢者の多種多様な問題を解決する総合診療医を養成する計画です。

具体的には、卒前教育で地域医療を課題とした診療所での参加型臨床実習、少人数指導、多職種連携教育などを導入して学習の場を地域へと移行させていきます。卒後研修では、既存の診療所に指導員を常駐させ、他職種と連携しながら在宅看取りを含めた地域医療を実践。参加施設とICTでつないだ同大医学部附属病院総合診療部のカンファレンスを地域で展開・共有し、包括的な診断能力の獲得を目指します。

さらに大学院などと連携して、学位を持ち地域全体をケアすることを論理的に推進する指導医を育成するとともに、育った指導医が模範となって次世代の総合診療医を輩出させる仕組みを構築します。

この事業を推進するため、同病院に後期研修医を対象とした「総合診療専門医コース」を設け、3年間で総合診療専門研修や総合診療医に必要な領域別研修を実施。毎年、10人程度の受け入れを目指しています。そのほか、「臨床医学リサーチコース」「在宅医療専従コース」など計8つの教育プログラム・コースを設けるとのこと。

同大は、計画通りに総合診療医や指導医を養成できれば、「診療所だけでなく、深刻な医師不足に直面している千葉県内病院群への総合診療医派遣が可能となり、県の地域医療再生への処方せんとなる」と見通しを話していました。

人気の記事

おすすめコンテンツ