予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

千葉県成田市内 初の大学 国際医療福祉大学新キャンパス開設へ

SHARE

医科系大学誘致を目指してきた千葉県成田市と国際医療福祉大学が同大学の新キャンパスを京成公津の杜(もり)駅前に開設することを合意しました。市内初の大学として2016年4月に開学を予定しています。

市によると、新キャンパスには看護、理学療法、作業療法、言語聴覚、医学検査の五学科を設置し、1学年の定員は計340人。市は支援策として、13000平方メートルの用地を20億円で取得して無償貸与するほか、校舎の建設で30億円を上限に1/2を補助します。大学側は県の地域医療再生基金から補助金交付も申請するそうです。

4学年がそろえば教職員も含めて約1600人ほど増加することが見込まれ、新しい「まち」が誕生することになります。市は経済波及効果として建設時に100億円、開学後は年間40億円と試算しているとのこと。

小泉一成市長は9月4日の市議会一般質問で「医師や看護師不足を改善し、地域医療の崩壊を食い止めたい。国際医療福祉大は早くから医学部新設に意欲を持っている」と述べ、引き続き医学部誘致も目指す考えを示しました。市は開会中の市議会に用地取得議案を追加提案する予定です。

当初の誘致目標だった医学部は、1979年に琉球大に開設されて以降は新設が認められていませんでした。ただ、認可されれば、西側隣接地14800平方メートルを市が取得する方向で地権者と協議しています。

人気の記事

おすすめコンテンツ