予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

薬系大学、人気回復 志願者数10万人台へ

SHARE

日本私立薬科大学協会がまとめた2013年度入学志願者数調査で、2013年の私立薬系大学の入学志願者数が昨年度より2万人以上多い10万3584人と10万人台に達したことがわかりました。募集人数に対する倍率も志願段階ではありますがが9.1倍と、前年度6.8倍を大きく上回り、薬系大学人気が急速に回復しているようです。

今年度の薬科大学(薬学部)の入学者数は入試制度が異なる北大と東大を除くと1万3663人に到達して“定員割れ”が前年度の19校から11校へと減少しました。同調査は協会加盟の57校(徳島文理香川薬学部含め)を対象に行われ、この変化の大きな要因として考えられるのは志願者数が大幅に増加したことのようです。

2013年度の定員は1万1424人と昨年度の1万1459人より若干減少しましたが、毎年複数校で定員削減が実施されているため、総定員も減少傾向になっています。募集人数は「一般」が7129人、「推薦」が4216人で合計1万1345人(プラス若干名)で、昨年度の1万1450人(プラス若干名)より100人ほど減少しました。

志願者数は2010年度まで減少傾向となっていましたが、2011年度に前年度より2318人多い7万6261人となり薬学人気回復の兆しを見せました。前年度は6000人増と復調を印象づけ、2013年度はさらに大幅に増加しています。

このうち6年制について見ると、一般6702人の募集に対し志願者数が8万4536人で12.6倍、推薦は4048人に対し1万3321人で3.3倍、総数では9.1倍となりました。なお、6年制定員(1万0829人)に対する倍率は9.0倍です。4年制については平均9.6倍でしたが、このうち近畿大が30人の募集枠に対し25.6倍、慶應大が20人の募集に対し23.4倍と人気が高く、他大学とで大きな差が見られました。

総募集数に対する志願者数は、全校平均では大幅に増加したものの、昨年度と同様に大学間での志願者数、倍率ともに大学によってのバラツキがありました。平均倍率を超え、かつ2桁に達したのは21校でしたが、平均倍率を大きく下回り、かつ3倍未満だったのは9校となりました。

最も倍率が高かったのは近畿大で34.5倍(昨年度25.5倍)、次いで武蔵野大26.4倍(15.7倍)、立命館大24.3倍(22.4倍)、東京理大20.3倍(21.0倍)となっています。

人気の記事

おすすめコンテンツ