予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

福井大医学部 ロシア医学アカデミーと協定

SHARE

8月29日、福井大学医学部とロシア医学アカデミーのシベリア支部はロシアでは治療が難しい患者の受け入れや、医学生らの相互訪問など、臨床・研究両面での協力を目標とする学術交流協定を結びました。

福岡大医学部はシベリア支部のイルクーツク州立再建移植外科研究センターの医学生の受け入れや、イルクーツク市から搬送された脳腫瘍の女児に手術を行ったことなどをきっかけに2012度から同支部と交流がスタート。2013年3月には、医学部生が同センターを訪問しました。

8月29日に同学部で行われた調印式で、山口明夫医学部長は「次世代を担う研究者や医師をサポートしたい」、ヴラディミール・ソロコヴィコフ副センター長は「教育や医学の発展に大きなステップを踏み出せた」とあいさつしました。

協定により、医学部は国際貢献活動の一環として脳神経外科を中心に治療が困難な患者を受け入れ、難病患者の来日手続きを簡略化するよう国に働きかけるほか、日本で治療費の募金が行われる際の信用力向上などを目指します。さらに、脳神経外科や、ロシアが豊富な治療実績を持つ整形外科や外傷学の分野で協力して症例研究を行い、人材交流を目指すそうです。

人気の記事

おすすめコンテンツ