予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

高知大医学部生 高知県安芸郡馬路村で今年も臨時学習塾

SHARE

今年も安芸郡馬路村で8月16日から、高知大学医学部の学生が同村の子どもたちに勉強を教える「半熟たまご塾in馬路村」が始まり、子どもたちが夏休みの宿題や苦手教科などに取り組見ました。

高知大学医学部の学生は毎年春、同村で地域医療を学ぶ合宿を行っており、昨年、村に学習塾がないことを知り、恩返しをしたいと塾の開催を打診したそうです。小中校生ら延べ61人が指導を受け好評だったため、今年も開催が決まったとのこと。

初日は、家庭教師や塾講師の経験がある医学部生10人が小中高生8人を指導。児童らに「分からないところはどこ?」と尋ねながら、丁寧に問題の解き方を教えていきました。算数を教わった馬路小学校5年の木下陽太君は「算数と国語のドリルが今日で全部終わった。優しく教えてもらったので、集中してできた」と喜んでいたそうです。

塾は8月18日まで行われます。学生は育児教室やバーベキューなどを通じて、地元の人らとも交流したそうです。

人気の記事

おすすめコンテンツ