予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

高校生が医学体験 徳島大学、模型使い聴診や縫合

SHARE

徳島大学医学部で8月8日に医学部進学を検討している県内の高校生を対象に、地域医療を担う人材を育成する目的で医学体験授業が開かれました。

59人の高校生が参加し、徳島大学医療教育開発センター長の赤池雅史さんら医師や看護師、医学生の11人から指導を受け、さまざまな心臓病の心音を発するシミュレーターで聴診を体験しました。模型を使った縫合や採血、心肺蘇生法の実習もしたそうです。

城ノ内高1年の大杉桜樂さん(15)は「縫合には速さと体力が必要なことが分かった。医学科に入りたい気持ちが高まった」と話していたとのこと。

人気の記事

おすすめコンテンツ