予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

未来のドクター目指せ! 大分大学で高校生対象セミナー

SHARE

大分県由布市挾間町の大分大医学部で8月12日に医師や看護師を志望する高校生を対象にした「ふるさとドクター育成セミナー」が開かれました。

大分県内の公立、私立高15校の1、2年生約100人が参加し、医師や看護師の講演を聴いたり、医療機器の操作を体験したりしたそうです。

このセミナーは、同大医学部付属地域医療学センターと県教委が2010年度から毎年開催し、医学部への進学希望者を増やし、将来の県の医療を支える人材を育成するのが目的です。

生徒たちは10班に分かれ、専門医らに指導してもらいながら、自動体外式除細動器(AED)や内視鏡手術の機器の操作、模擬の腸管の縫合などを体験。口内の細菌や胃がんの原因になるとされるピロリ菌を顕微鏡で観察しました。また、内科医や外科医、看護師らがそれぞれの仕事を紹介する講演を聴いたとのこと。

医師を目指している大分高2年、伊藤はるかさん(17)は「普段は聞けない話や体験に接し、とても新鮮だった。志望が強くなりました」と話していたそうです。

人気の記事

おすすめコンテンツ