予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

富山県薬業連合会 薬学部生対象のインターンシップ事業開始

SHARE

富山県薬業連合会(薬連)が2013年度に初めて企画した薬学部生対象のインターンシップ事業が8月5日から始まりました。この事業は富山県内企業の薬剤師確保が目的で、県単位で薬学部向けインターンを実施するのは全国で初めてだそうです。初日は金沢大学など全国から来た13人が富山の製薬業界の現状などについて学びました。

インターンシップは大学の薬学部5年生が対象で、受け入れ企業は14社となっています。学生は6~9日の4日間、2、3人のグループに分かれ、1人2社で実習を積むそうです。

8月5日は富山市の薬業ビルでガイダンスが行われ、高田吉弘薬連専務理事は「研究開発から品質管理まで、製薬企業ではあらゆる場面で薬剤師が必要とされている」と強調。富山県の薬業振興策なども紹介しました。

他にも社員との懇談会なども開かれ、8月26~30日、9月2~6日にも実施し、5日現在で計24人が参加を予定しています。参加申し込みは現在も受け付けているとのことです。

人気の記事

おすすめコンテンツ