予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

佐賀大学医学部 「ゆめタウン佐賀」 啓発イベント

SHARE

佐賀県と佐賀大医学部が啓発イベント佐賀市の「ゆめタウン佐賀」で、肝炎の正しい知識や検査の受診を買い物客に呼び掛けました。

このイベントは、ウイルス性肝炎の予防やまん延防止のために世界保健機関(WHO)が定めた「世界肝炎デー」(7月28日)に合わせたものです。

佐賀県は、主にウイルス性肝炎で起きる肝がんの死亡率が10万人あたり44人(2011年)と全国で13年連続ワーストとなっています。イベントでは佐賀出身のタレントはなわさんと、佐賀大肝疾患センターの江口有一郎センター長が模型やパネルを使って肝機能や肝炎の仕組みを解説。自覚症状がないことや早期治療が有効なことなどを紹介しました。

検査コーナーも設けられ、多くの希望者が並んだそうです。小城市三日月町の内田真由美さん(64)は「受診の良い機会になりました」と語っていました。

人気の記事

おすすめコンテンツ