予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

いわき明星大「教養」「薬学」2学部体制 平成27年度春目指す

SHARE

いわき市のいわき明星大は平成27年度の科学技術学部の学生募集を停止し、合わせて人文学部の改組改編を行い、同年春に「教養学部(予定)」の設置を目指しています。7月31日、同大を運営している学校法人明星学苑の吉田元一理事長らがいわき市役所で記者会見し、明らかにしました。文部科学省への届け出などを経て、再来年の4月以降は教養と薬学の2学部体制とする計画です。

教養学部は心理、経済・経営、公共政策などの専攻分野を想定。教員免許の取得や公務員養成などの教育をさらに強化します。教育の質を高め地域に貢献できる人材育成を目指していくそうです。文科省との事前調整が必要になるため学部の名称や内容は変更となる可能性があります。

科学技術学部の募集停止は東京電力福島第一原発事故による風評で入学者数が大幅に減少したことが要因となっています。同大によると02年度の入学者数は震災前の約3分の1に当たる46人でした。市外からの減少が大きく影響しているそうです。

26年度の学生募集は科学技術、人文両学部ともに例年通り実施します。両学部の科目は在学生が全員卒業するまで開設する予定です。

同大は昭和62年、いわき市からの強い要請を受けて開学しました。理工学部と人文学部の2学部で発足し、平成17年に理工学部を科学技術学部に改めました。19年には薬学部を新設。吉田理事長は「より地元のニーズに応える人材を育成する。27年度以降の2学部体制を前向きな気持ちで受け取ってほしい」と述べたとのことです。

人気の記事

おすすめコンテンツ