予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

東京医科大で一般入試の1次試験、志願者は1/3と激減

SHARE

医学部の不正入試問題で、女子や浪人生への差別が最初に発覚した東京医科大(東京)の医学部医学科一般入試の1次試験が2月2日、東京都内で行われました。

同大は、2017/18年の入試不正による影響で不合格となった受験生のうち、44人の追加合格を認めました。一方、推薦入試を除く一般入試と大学入試センター試験利用について今年の募集定員を前年と同じ90人から46人に減らしました。前年は3,857人の応募があったが、関係者によると、1月15日現在でセンター試験利用を除く一般入試の志願者数は700人以下とのこと。

人気の記事

おすすめコンテンツ