予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

三重大学 海外医学研究者の講義をネットで中継

SHARE

海外の大学で活動する医学研究者たちが英語で行う講義をインターネットで生中継する取り組みを、今年度から三重大学が開始しました。
この取り組みは昨年、ハーバード大学から赴任した医学系研究科分子病態学の島岡要(もとむ)主任教授が、外国にいる研究者の講義を聞いて英語で質問する機会をつくろうと企画し、各国の大学の研究者から協力を得て実現しました。講義ではアルツハイマー病や白血病など、最新の研究成果が紹介されるそうです。
初回の講義には、約20人の大学院生たちが参加。ボストン大学の安田圭講師が研究している自己免疫疾患などについて講義し、英語で質疑応答を行いました。
今のところ対象は大学院生ですが、いずれ関心のある社会人などにも公開を予定しているとのこと。
島岡主任教授は「国際学会や留学に不自由さを感じなくなるよう、英語に慣れる場にしたい」と話していたそうです。

人気の記事

おすすめコンテンツ