予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

人工知能診療支援システム 自治医大

SHARE

自治医科大学は、7月13日から15日にかけて行われた「国際モダンホスピタルショウ2016」で「JMU総合診療支援システム」の参考出展をし、同システムの開発の進度を披露しました。これは双方向対話型人工知能診療支援システム「ホワイト・ジャック」を核にしたもので、超高齢社会における総合診療の支援を目的としています。

「ホワイト・ジャック」では、まず患者が支援ロボットと連動したタブレット端末に予診情報を入力。その情報は同大学のデータセンターで解析され、電子カルテ上に疑われる病名や望ましい検査、処方情報などが担当医に提案されます。

同システムは、経験の浅い医師に対して診療支援を行うことができる上、複数の疾患が疑われる場合も見落としがないため、若手総合診療医の教育や離島・僻地医療の支援への活用が期待されています。この「ホワイト・ジャック」は、2016年秋以降に自治医科大学病院総合診療部での試験運用を予定しています。

人気の記事

おすすめコンテンツ