予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

「奇形」を新たな言い回しに 日本医学会

SHARE

日本医学会は医学用語「奇形」について、新たな言い回しに変更する検討を始めました。医学用語は専門的な用語で、各学会が話し合った上で日本医学会が統一し、論文やカルテなどに使用されます。

「奇形」とは生まれつき姿形が正常でない状態のことをさし、英語ではanomaly、malformationといった単語が使用されています。以前から患者や家族の心情を傷つけやすいといった指摘が多かったことから、今回検討を開始しました。

新たな言い回しとしては、「形態異常」や「形態異状」が候補に挙がっており、今年度中の決定を予定しているとのことです。日本医学会の医学用語管理委員で長崎大学教授の森内浩幸氏は「医者だけでなく、患者や家族も違和感なく使える言葉にしたい」とコメントしました。

人気の記事

おすすめコンテンツ