予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

東北薬科大 新設医学部の奨学金貸与定員を縮小

SHARE

東北薬科大は、2016年4月開設予定である医学部の奨学金を貸与する対象者を、当初の予定であった70人から50人に減らすことを決めました。

卒業後、宮城県内の医療機関に10年間勤務することを条件として奨学金3000万円の返済を免除される制度では、県からの拠出額が大学側の想定と異なったため、予定していた定員数を50人から30人へ。また、宮城県を除く東北5県での勤務を条件とした制度では、薬科大が独自に展開する奨学金と各県の既存奨学金とを組み合わせることによって計2600万~3700万円を20人を対象に貸与可能とのことです。

東日本大震災の復興支援策の一つとして、卒業後も東北地方を拠点とした地域医療に携わってもらうため、現在宮城県内の多くの病院が連携して研修などを行う地域医療ネットワークを構築しており、この取り組みは東北各県でも広がりをみせています。

人気の記事

おすすめコンテンツ