予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

ロボットスーツ「HAL」 急性期脳卒中患者のリハビリに有効

SHARE

1月16日から17日にかけて行われた第54回日本定位・機能神経外科学会内で、福岡大学医学部脳神経外科の左村和宏氏によってロボットスーツ「HAL」の急性期脳卒中患者に対する訓練の有効性が発表されました。

CYBERDYNE社が展開するサイボーグ型ロボット「HAL」は、装着することで身体機能を改善、補助することができ、脳やその神経系に働きかけ運動学習を促すシステムです。

左村氏らのグループは、同機器を導入した2011年9月から2014年7月までの106例のリハビリのうち、下肢運動麻痺を伴う急性期脳卒中(脳血管障害)患者63例のデータを基に、下肢の麻痺が軽いほどその効果が大きいとの結果を明らかにしました。

一方で、麻痺が重いほど「HAL」の有効性は低下するとされていますが、患者が事前の運動訓練によって生体電位を産出できる状態にすることで、同様にリハビリの効果が期待できるとのことです。

人気の記事

おすすめコンテンツ