予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

京都府立医大など4大学 「関西をアジア医療の中心に」

SHARE

京都府立医大、大阪市立大医学部、奈良県立医大、和歌山県立医大の4大学から成る「関西公立医科大学・医学部連合」が、東南アジア諸国の医師らを対象に医療技術の研修を行う構想を検討していることがわかりました。

この構想では、医療設備やその技術が十分であるとはいえないベトナムやタイ、マレーシアなどから医師のほか専門技師や看護師ら医療従事者に研修を実施し、各国でも日本式の高品質な医療システムを導入していくことでアジア全体の医療水準を引き上げることを狙いとしています。

現在、その拠点となる施設を置く候補地にはJR大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期」などが挙げられており、関西を中心として日本の最先端医療を発信していく考えです。

人気の記事

おすすめコンテンツ