予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

鳥取大学 認知症と嗅覚の密接な関係性を示唆

SHARE

日本を代表する認知症研究者の一人、鳥取大学医学部の浦上克哉教授は、アロマオイルなどの香りを用いた働きかけが認知症の改善や予防につながることを示唆しました。

実際に認知症患者に天然精油を嗅いでもらったところ、嗅覚を通して伝わった信号が記憶や自律神経活動に関与する大脳辺緑系を刺激し、症状の改善がみられたとのことです。

今や国民病の一つとされている認知症は、高齢者だけでなく若年者にも多くみられるものですが完治は難しいため、その予防及び治療法として今後の実用化を目指しています。

人気の記事

おすすめコンテンツ