予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

山梨大学 論文捏造の元教授に諭旨解雇相当処分を決定

SHARE

山梨大学は、大学医学工学総合研究部、北村正敬元教授が過去に手掛けた論文の一部に画像操作などの捏造や改ざんが見つかったと発表しました。

2004年以降の10年間で発表された論文90本を対象に調査した結果、細胞に関する4つの論文において使用した画像の比率を変えるなどしていたことがわかりました。北村元教授は調査専門委員会に対し、「画像をより鮮明に見せたかった。不正だとは思っていなかった」と説明しているということです。

大学側は今回の件を受けて「研究不正は決して許される行為ではなく極めて遺憾」だと述べており、昨年12月に辞職済みである同教授を諭旨解雇相当の処分にするとともに、論文の取り下げと研究費の返還を求めることにしています。

人気の記事

おすすめコンテンツ