予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

J-TEC 自家培養角膜上皮シートの臨床試験を開始

SHARE

14日、名古屋の再生医療製品を扱うJ-TECは、患者の角膜組織を使って培養・製造した「自家培養角膜上皮シート」の臨床試験を、大阪大学医学部付属病院を含めた4施設で始めることを発表しました。

このシートは、角膜上皮幹細胞疲弊症の治療として使います。視力低下や角膜の混濁を引き起こす角膜上皮幹細胞疲弊症は、角膜上皮が再建されることで症状が改善されるそうです。

自家培養角膜上皮シートが実用化すれば、J-TECを代表する製品として「自家培養表皮」、「自家培養軟骨」に続く3品目となります。

人気の記事

おすすめコンテンツ