予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

鹿児島大学 『死亡時画像診断(Ai)』の重要性を実感

SHARE

鹿児島大学医学部が死因不明の遺体をCTで分析する『死亡時画像診断(Ai)』を導入してから1年が経ちました。

診断件数は2013年10月~2014年9月で129件。見た目では判断しづらい損傷を把握することができ、死因究明の精度は高いです。

撮影した画像は3Dに変換して頭蓋骨などを立体的に映し出すことができ、骨折や出血を見つけることができます。Ai導入によって解剖時間の短縮されているという結果が出ているようです。

人気の記事

おすすめコンテンツ