予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

東京医科歯科大学 アルツハイマー病の超早期病態を発見

SHARE

東京医科歯科大学の研究グループは、アルツハイマー病が発病する前にタンパク質リン酸化シグナルの異常が見られることを発見しました。

今まで患者の脳内にはタンパク質『アミロイド(A)β』が蓄積していることが知られていましたが、この現象が発見される頃には病気が進行している状況だと言われています。

今回わかったタンパク質リン酸化シグナルの異常は、超早期病態として観察されるので、このタンパク質を制御することで新しい治療法が見つかるかもしれません。

人気の記事

おすすめコンテンツ