予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

群馬大学 手術ロボット“ダヴィンチ”の運用を発表

SHARE

9日、群馬大学は6月から県内で初めてとなる手術ロボット“ダヴィンチ”を導入し、すでに運用がスタートしていることを発表しました。

ダヴィンチは遠隔操作が可能で、手ぶれ補正などの機能もあります。また、患者・医師両方に負担が少ないのが利点です。

同病院では2人の医師がダヴィンチのライセンスを取得しており、運用し始めてから8日までの1ヶ月弱で患者5人の手術を成功させました。

人気の記事

おすすめコンテンツ