予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

栃木県 子ども140人に甲状腺検査を実施

SHARE

14日と15日、栃木県那須塩原市で子ども140人に甲状腺検査が行われました。

福島第一原発の事故当時、5歳以上18歳以下だった子どもが対象。今回の検査後に2次検査や精密検査が必要だと診断された子どもはいなかったそうです。

検査に協力した島根大学医学部の野宗義博教授は、「ごく小さなのう胞がある子供が何人かいたが、子供特有のものと思われる。ただ、チェルノブイリ原発事故では、5年、10年たってから異常が見つかっており、今後も定期的な受診を勧める」と話しました。

人気の記事

おすすめコンテンツ