予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

大阪市立大学 震災後支援の重要性を訴える

SHARE

16日、大阪市立大学医学部生や教職員らが被災地支援の重要性を訴える講演会を同大で開きます。

同大学は、東日本大震災後に岩手県大槌町へ医療チームを派遣。生活物資の不足など治療以外の手助けも必要だったことを受け、ボランティア“なにわすまいるず”を結成したそうです。

学生たちは昨春、ボランティアが減った被災地にはこれまでと違う支援が必要だと考え、3回同町へ訪れました。

人気の記事

おすすめコンテンツ