予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

岡山大病院 ミャンマー医師に救急医療研修

SHARE

15日、ミャンマーの女性麻酔科医2名が救急医療のシステムや技術を学ぶために来日しました。同国では近年、政府が主体となって救急医の育成を急いでいます。

2名は、岡山大津島キャンパスの留学生宿泊施設に滞在。21日から7月中旬まで同大病院高度救命救急センターを拠点に研修し、スキルアップに励みます。

ヤンゴン医科大のシュー・ワー医師は、「研究の成果を母国に持ち帰り、救急システムの構築に生かしたい」と今後の抱負を語りました。

人気の記事

おすすめコンテンツ