予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

山梨大学 スチューデントドクター認定式を行う

SHARE

4日、社団法人医療系大学間共用試験実施評価機構の共用試験に合格した山梨大学医学部生の「スチューデントドクター認定式」が行われました。

スチューデントドクター制度とは、臨床実習の際に指導医監督の下で学生が治療に参加する制度。認定証を受け取った同大の学生は、同大医学部付属病院で直接患者と接しながら医療を学びます。

共用試験は、臨床実習に入る前の全国の医学部4年生を対象に実施されていて、大学間でばらつきのあった合格基準が今年度から統一されました。合格基準の統一をきっかけに、合格した学生に認定証を交付することとなったため、同大で初となる認定式になったそうです。

認定式では認定証の他に白衣も授与され、その場で学生たちは袖を通し、実習への意気込みを表明。スチューデントドクターを代表して天野稜大さんが「4年間で医療基礎を学んだ。医療人として誇りを持ち、誠意を持って患者と向き合い、全力で実習に打ち込む」と述べました。

人気の記事

おすすめコンテンツ