予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

横浜市立大医学部 県立高校向けの推薦枠を検討

SHARE

27日、横浜市立大学と神奈川県は、地域医療の充実を目指す包括連携協定を結びました。協定に基づく人材確保策として、同大医学部に県立高校出身者向けの推薦入試枠を設置することを検討しているそうです。

推薦枠を増やす狙いとして、「地元から入学した学生は、卒業後も地元に定着する割合が高いため」としており、その上で「推薦入試制度が確立されれば、大学側が求める生徒を、推薦してもらえるだろう」と期待されています。

県知事の黒岩祐治氏は「県立高校から市立大医学部への太いパイプができることで、地元の医師不足と偏在の解消に貢献できる流れにしていきたい」と話しました。

人気の記事

おすすめコンテンツ