予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

岡山大学 医学部生が地域医療の実態を学ぶ

SHARE

岡山大学医学部では、今月20日~24日にかけて、地域医療体験実習を行っています。

実習は2009年度から実施され、卒業後、医師不足の地域に定められた期間勤務する「地域枠コース」の学生らが市内の医療や福祉の実態について学ぶそうです。

実習先の哲西町診療所では、医学部生2名が調剤室や検査室などを見学した後、特別養護老人ホーム哲西荘(同所)を訪問。藤村晃施設長がデイサービスやケアハウスなどを案内したほか、介護支援専門員の安達香織さんが、地域の医療と介護の実態について講義を行いました。

安達さんは「高齢者の人柄や人間関係が把握しやすく、医療と福祉の足並みをそろえやすいのが利点。双方の視点で快適な生活を送る方策を探ることが大切だと思う」と話しています。

人気の記事

おすすめコンテンツ