予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

富山大学医学部 開発した「まちなかカート」が配置される

SHARE

20日、富山市役所に高齢者の歩行を助ける補助車「富山まちなかカート」7台が配置されました。

カートは、富山大医学部の中林美奈子准教授を中心に、医学部、工学部、人間発達科学部などの研究者12名が協力して開発。カゴやイスが付いていて、手で押して前に進む仕組みになっており、ブレーキのほか、歩く速さに合わせてスピードを調整できるそうです。

富山市は「高齢者の生活スタイルを受け入れる社会環境の整備に取り組みたい」としており、今後もカートの改良を続ける予定です。

人気の記事

おすすめコンテンツ