予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

北海道 民間からも地方に医師、人材不足解消へ

SHARE

北海道の高橋はるみ知事が12月10日、医師不足が課題となっている道内の地域医療対策として、大学病院などに加え、民間病院や開業医からも協力を募って派遣するシステムづくりを来年度に実施する方針を明らかにしました。

道議会予算特別委員会の知事総括質疑で表明。現在の派遣は北大医学部、札医大、旭医大などが中心となっています。これに加えて、札幌など都市部の病院や開業医から協力を募り、要望のあった地方の病院へ派遣する仕組みを検討中とのこと。

民間の協力は、これまでにも週末の出張医など短期間はありましたが、道の想定では、週単位や月単位といった比較的長い派遣を目指しています。

派遣の実施時期は未定ですが、本年度中に協力してもらえる病院探しを行いながら、道医師会などで構成する「道医療対策協議会」に提案し、システム構築について協議するそうです。

人気の記事

おすすめコンテンツ