予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

秋田大医学部 付属病院がヘリポート整備

SHARE

10月22日、秋田大学医学部付属病院の敷地内に、ヘリポートを備えた立体駐車場が整備されることになりました。ヘリポートの利用開始は2014年4月を予定しており、年間30件ほどの受け入れが見込まれています。

これまでドクターヘリ搬送による患者の受け入れは17件ほどあり、市内に唯一ヘリポートをもつ秋田赤十字病院か非常用の大学グラウンドにヘリを緊急着陸させ、そこから救急車で運んでいました。

同付属病院がドクターヘリなどが離着陸できるヘリポートを持つことで救急搬送の迅速性、確実性が増し、救命率の向上が期待されています。

病院長の伊藤 宏氏は「高度な救命救急医療を進める足がかりになる。救命率も上がるだろう。」と話しました。

人気の記事

おすすめコンテンツ