予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

奈良県立医科大学 県費奨学生配置センターの設置へ

SHARE

奈良県立医科大学は、県費の奨学金を受けた学生や医師を適正に配置するための「県費奨学生配置センター」を今月中に設置すると発表しました。

「県費奨学生」は、県から奨学金の貸与を受け、原則として卒業後9年間は県内の地域医療に携わることが契約されているそうです。

同センターは、県と県立医大が近く協定を結び正式発足する予定で、センター長には同大学長の吉岡章氏が就任し、専任の医師や看護師、事務職員などで構成。医師派遣要請に対応した医師の斡旋を行うと共に、県内の医療機関で働く医師を増やすことを目的として、キャリア形成支援を行います。

人気の記事

おすすめコンテンツ