予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

近畿大学医学部 教授がカザフスタンで医療交流推進セミナー講演

SHARE

近畿大学医学部教授の樫田博史氏は10月22日・23日にカザフスタンで開催された日カザフスタン医療交流推進セミナーに講師として派遣されました。

同セミナーは日本の医療技術・医療機器・サービスの認知度向上を図ることが目的。樫田教授は、消化器内視鏡によるがん診断および治療について講演したほか、大腸内視鏡による実技指導を行いました。

日本とカザフスタンは、カザフスタンに「高度がん診断センター」の設置検討するプロジェクトを共同で進行中。 同大学が持つ高い治療技術を生かして海外の医師や学生を対象にした研修体制を整え、国際医療現場で活躍できる人材の育成を目的に、海外医療機関・医療従事者との交流を積極的に行っていく予定です。

人気の記事

おすすめコンテンツ