予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

東北薬科大 医学部新設へ向け最終調整

SHARE

宮城県にある東北薬科大学は、今年4月に同大学附属病院を開院させるなど準備を進めており、医学部新設を目指す方向で最終調整に入りました。

同附属病院は22の診療科を備え、急性期から慢性期までの幅広い総合医療を提供。同大学の医学部定員を100人程度と想定し、新校舎を増設する予定です。

より質の高い教育・研究を実現するために、同附属病院を通して、きめ細かい実務実習指導や臨床系大学院の研究拠点の形成を図ることを目的にしています。

東日本大震災の経験をふまえ、災害医療に対応できる人材の育成を最重視し、薬剤師育成のノウハウを活かして「総合医」の養成に取り組むそうです。

医学部新設には賛否両論ありますが、村井県知事は「34年間、医学部の新設が認められていない固い壁を破るのが私の仕事である」と実現に強い意欲を示しました。

人気の記事

おすすめコンテンツ