予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

試験の時間帯に合わせた勉強

プロフィール

性別:
男性
年齢:
37歳
住所:
兵庫県
受験した学部:
医学部
受験した時期:
10年以上前

Q1.あなたが医学部を目指したきっかけ、志望大学を選んだ理由について当時を思い出してお答えください。

小さい頃から人を助ける職業に就きたいと思っていました。小学校から高校までその気持ちは変わらなかったので、医師になる事を決意し、医学部を目指しました。大学は自分のレベルで行けそうな大学に決め、それに向けて対策をしました。

Q2.医学部を受験をした際、試験に向けてどのように学習したのかを当時を思い出してお答えください。

小学生の時から勉強は嫌いではなかったので、しっかり勉強をしていました。中学生の時には家庭教師をつけてもらい、高校生の時も家庭教師に指導をしてもらいました。河合塾にも通いましたが、あまり受験の役には立たなかったです。

Q3.医学部受験ならではの面接や小論文対策について、当時を思い出してお答えください。

小論文は高校生の時に対策をしました。あまりしっかりとはできませんでしたが、起承転結に気を付けて書くということは今でも記憶に残っています。面接対策は特にしませんでした。自分の気持ちやこれまでの事をきちんと伝えられるように数回練習した程度です。

Q4.学習面以外でのケア(モチベーションの維持、健康管理など)について当時を思い出してお答えください。

勉強についての時間帯は始めは夜だったのですが、途中から試験の時間帯に合わせた方が良いとのアドバイスをもらったので、朝方の生活に切り替えていきました。モチベーションに関しては、昔から自分のなりたいものへの挑戦だったので、下がる事はなかったです。目標をきちんと持つ事は大切かもしれません。

Q5.医学部で学ぶ上で必要と感じたものについて、当時を思い出してお答えください。

自分には患者さまに対する接し方について、全く知識がなかったため、かなりの苦労をしました。今でもそれは自分の課題であると思っています。患者さまを第一に考えて改善してくことが大事です。ですので、学生の時から、様々な人たちと関わって、人とのコミュニケーションの取り方を学ぶべきでしょう。

人気の記事

おすすめコンテンツ