予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

医学部受験のプロにサポートをしてもらいながら弱点強化

プロフィール

性別:
女性
年齢:
31歳
住所:
東京都
受験した学部:
医学部
受験した時期:
5~10年前

Q1.あなたが医学部を目指したきっかけ、志望大学を選んだ理由について当時を思い出してお答えください。

私が医学部を目指した理由は、とても月並みな理由ですが、人の役に立つ仕事がしたいと強く感じたからです。医療の分野は人の命を助ける仕事ですので、社会や地域の貢献しながら、人の役にも立てるのではないかと考え、医学部を志しました。

Q2.医学部を受験をした際、試験に向けてどのように学習したのかを当時を思い出してお答えください。

とにかく猛勉強をしました。毎日時間帯に関係なくひたすら勉強し、自習では限界があると感じたので、塾にも通って受験のプロに専門的なサポートをしてもらいました。自分一人では気づかない苦手なポイントや、塾だからこそ持っている大学情報や受験情報もあったので、独学だけで勉強しなくて良かったと思っています。

Q3.医学部受験ならではの面接や小論文対策について、当時を思い出してお答えください。

塾で面接と小論文対策を受けました。各大学の傾向を押さえた内容だったので、必要な事だけを練習できました。自分の中でも、何故医師になりたいのか、将来どうしたいのかなどをしっかりまとめ、時事ネタやニュースなどにも目を向けるようにして情報収集にも努めました。

Q4.学習面以外でのケア(モチベーションの維持、健康管理など)について当時を思い出してお答えください。

適度に息抜きをしておくことだと思います。勉強だけになってしまうと、逃げ場がなくなってしまいますので、自分にご褒美をあげたりして、勉強のモチベーションを保っていました。遊ぶ時は遊ぶ、勉強する時は勉強するとオンオフで切り替える事が大切だと思います。

Q5.医学部で学ぶ上で必要と感じたものについて、当時を思い出してお答えください。

医学部に入学してからも勉強は続きます。他の大学と違って入学して終わりではありません。常に学ぶ心を忘れずに、色々な視点から物事を見れる目を養う事も大切だと思います。医師になってからは、たくさんの患者さんと接するので、コミュニケーション力を高めるためにも、人との交流を大切にするべきです。

人気の記事

おすすめコンテンツ