予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

講師によって学力も変わる

プロフィール

性別:
男性
年齢:
21歳
住所:
熊本県
受験した学部:
医学部
受験した時期:
2~3年前

Q1.あなたが医学部を目指したきっかけ、志望大学を選んだ理由について当時を思い出してお答えください。

親父が歯科医のため、そのあとを継ぐために受験しました。志望校を選んだ理由は臨床実習が充実していたためです。寺院が経営している大学だったため、倫理観が養われることを期待して受験しました。歯科医師になって感じることは、職業倫理がとても大事ということです。それを大学で学べたのは大きかったと思います。

Q2.医学部を受験をした際、試験に向けてどのように学習したのかを当時を思い出してお答えください。

全寮制の予備校や、全額免除の某大手予備校などにも通いましたが、自分には合わなかったため、親に頼んで科目別の家庭教師を頼みました。家で両親の監視下で勉強となりましたが、それが功を奏してものすごく学力が付きました。ただ、他の受験生との比較が模試でしか測れなかったことが難点でした。

Q3.医学部受験ならではの面接や小論文対策について、当時を思い出してお答えください。

小論文の出来不出来だけで合格が決まるとは言いきれません。あとで担当の教授などから話しを伺う機会がありましたが、小論文よりも面接の方が重視されるらしいです。小論文の出来で一喜一憂するよりも人格を磨いて面接で合格できるような日々を送るのが肝要だと思います。

Q4.学習面以外でのケア(モチベーションの維持、健康管理など)について当時を思い出してお答えください。

家庭教師を数人雇っていましたが、そのチーフはいつも厳しくて、褒めてくれることは全くありませんでした。家庭教師側でバランスを考えていたのでしょうが、ほかのサブの先生はとても褒めてくれたので記憶に残っています。厳しい先生、褒める先生と分けて接してくれたお蔭で受験に成功したと思います。褒める一本やりだけでは医学部受験は厳しいのではないでしょうか。

Q5.医学部で学ぶ上で必要と感じたものについて、当時を思い出してお答えください。

現在では、医学部受験は入学することに意義があるぐらい難しいものになっています。しかし、医学部に入学後は高校生当時では考えられないぐらい勉強しないといけないし、また遊ぶことも大切です。とにかく体力をつけけないとやっていけません。あと患者さんに温かく接するためには一般のアルバイト等で接遇を学んでいると今後の役に立つと思います。

人気の記事

おすすめコンテンツ