予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

予備校に通いながら友達と助け合った

プロフィール

性別:
女性
年齢:
22歳
住所:
埼玉県
受験した学部:
医学部
受験した時期:
3~5年前

Q1.あなたが医学部を目指したきっかけ、志望大学を選んだ理由について当時を思い出してお答えください。

兄が医学部に入っていたことと、医者という仕事は、社会にも貢献できる仕事としてやりがいも感じられるだろうと思い、医学部を受験することにしました。志望校は兄や家族と相談しながら絞り込んだ数校に決めて受験しました。

Q2.医学部を受験をした際、試験に向けてどのように学習したのかを当時を思い出してお答えください。

高校から少し離れた予備校に電車で通い、いくつか講義を受けてから家に帰る生活でした。予備校がない日は、高校近くの図書館に通い、友だちと一緒に勉強していました。また、朝はどうしても早起きが辛かったので、友だちとモーニングコールをし合って、朝の勉強の時間を作ったりもしました。

Q3.医学部受験ならではの面接や小論文対策について、当時を思い出してお答えください。

何度か高校で、面接のシュミレーション練習をさせてもらって、本番に挑んだ記憶があります。担当の先生にいろいろご指導いただきました。また、小論文は、本屋さんで参考書を何冊か買ってきて、それを何度も繰り返し練習しました。

Q4.学習面以外でのケア(モチベーションの維持、健康管理など)について当時を思い出してお答えください。

繰り返し模試を受けることで、自分がどのレベルにいるのかを把握しするようにしていました。もちろん判定が良いものだけではなかったため、一喜一憂を繰り返しました。睡眠時間はしっかりと確保し、できるだけ勉強の計画を立てたものに沿って進めていくよう心がけました。

Q5.医学部で学ぶ上で必要と感じたものについて、当時を思い出してお答えください。

勉強はとても厳しく、覚えること、理解しなければならないことはたくさんありました。そうでないと進級にも響いていくのです。しかし、医者という狭い世界で今後生きて行くためには、人間関係やコミュニケーションも大切だと考えて、部活動も積極的に参加しました。

人気の記事

おすすめコンテンツ