予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

横浜市立大学

SHARE
横浜市立大学

医学部合格のための予備校ランキング

例年合格者の上位を争う予備校6校に通っていた方で、医学部に合格した先輩たち100人に聞きました。もっとも評価の高い予備校は?

1 メディカルラボ

各生徒の現在の実力、志望校の合格ラインを吟味した上で、1対1の授業形態で個別カリキュラムで授業を実践する学習システムが、高く評価されました。医学系専門予備校だけに、受験情報が豊富であること、過去のデータに則った受験対策がしっかりと整えられていることでも高得点を獲得。各大学の医学部担当者を招いて定期的に実施している入試説明会や講演会なども、同校の信頼性を高めています。

項目 受験戦略 講師の指導力 学習環境 受験サポート 満足度
ポイント 75ポイント 25ポイント 8ポイント 17ポイント 75ポイント
順位 1位 1位 2位 2位 1位

合計ポイント200

平均順位1.4

公式HP

横浜市立大学の基本情報

学部学科・定員:
医学部=医学科90(予定)
大学院:
医学研究科=医科学専攻
設備・施設情報:
附属病院は28の診療科で構成されていて、654の病床が設置されています。実習棟には病理・寄生虫実習室、組織実習室・解剖実習室などがあります。生活習慣病やがん治療の最先端医療の研究ができる先端医科学研究センターがあります。
クラブ・サークル情報:
硬式野球部、ソフトテニス部、卓球部、バドミントン部、バスケットボール部、柔道部、剣道部、水泳部、サッカー部、ラグビー部、ヨット部、少林寺拳法部、音楽部、写真部、軽音楽部、赤十字奉仕団、社会医学研究会、東洋医学研究会、福浦絃楽舎、DJ部、学生ACLS勉強会、分子医学研究会、美術愛好会など
学食メニュー紹介:
平日の11時から14時まで利用可能です。丼物や麺類など、メニューがそろっています。
キャンパス周辺情報:
東京湾に面していて、近くに八景島シーパラダイスがあります。ロケーションは他に引けを取りません。
卒業生の就職先:
附属病院、附属市民総合医療センター、横浜市立市民病院、横浜南共済病院、横浜医療センター、済生会横浜市南部病院、横浜労災病院、けいゆう病院など
沿革:
昭和19年創設の横浜市立医学専門学校が前身。横浜医科大学を経て、27年に横浜市立大学医学部となった。
大学HP:
http://www.yokohama-cu.ac.jp/
地図:
住所:
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9
アクセス:
金沢シーサイドラインで「市大医学部」下車、徒歩1分。

人気の記事

おすすめコンテンツ