予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

鹿児島大学

SHARE
鹿児島大学

医学部合格のための予備校ランキング

例年合格者の上位を争う予備校6校に通っていた方で、医学部に合格した先輩たち100人に聞きました。もっとも評価の高い予備校は?

1 メディカルラボ

各生徒の現在の実力、志望校の合格ラインを吟味した上で、1対1の授業形態で個別カリキュラムで授業を実践する学習システムが、高く評価されました。医学系専門予備校だけに、受験情報が豊富であること、過去のデータに則った受験対策がしっかりと整えられていることでも高得点を獲得。各大学の医学部担当者を招いて定期的に実施している入試説明会や講演会なども、同校の信頼性を高めています。

項目 受験戦略 講師の指導力 学習環境 受験サポート 満足度
ポイント 75ポイント 25ポイント 8ポイント 17ポイント 75ポイント
順位 1位 1位 2位 2位 1位

合計ポイント200

平均順位1.4

公式HP

鹿児島大学の基本情報

学部学科・定員:
医学部=医学科102(編入学を除く)
大学院:
医歯学総合研究科=(博士)健康科学専攻、先進治療科学専攻、(修士)医科学専攻
設備・施設情報:
附属図書館、鶴陵会館、総合臨床研修センター、医療人育成センター、医歯学教育開発センター、島嶼・地域ナース育成センター、動物実験施設、先端医療開発研究センター、難治性ウィルス疾患研究センターなど。
クラブ・サークル情報:
剣道部、柔道部、ウィンドサーフィン部、弓道部、社会医学研究会、バレーボール部、ハンドボール部、ボウリング同好会、硬式テニス部、バスケットボール部、軽音サークル FAWN MATES、フットサル部、軟式庭球部、国際保健医療研究会(KINDS)、卓球部、空手道部、陸上競技部、漢方研究会、合気道部、水泳部、ゴルフ部、救急蘇生トレーニング部、うた部、管弦楽部など。
学食メニュー紹介:
週替わりのメインメニュー、小鉢メニュー、麺類、丼ぶり、サラダ、スープなどがあり、好きなものを選んで組み合わせることができます。大学生協の自家製弁当も人気です。季節やイベントに合わせたフェアも実施していて、バラエティー豊かなランチが楽しめます。
キャンパス周辺情報:
キャンパスから少し足を伸ばしたところに「ふれあいスポーツランド」があり、グラウンド・屋内プール・遊具・遊歩道などが設備されています。子どもから大人まで、さまざまな世代の人々がスポーツやレクリエーション活動を楽しめる公園です。
卒業生の就職先:
今村病院分院、相良病院、鹿児島赤十字病院、JA鹿児島厚生連病院、今給黎総合病院、南風病院、国立病院機構鹿児島医療センター、鹿児島市医師会病院、鹿児島市立病院、ゆのもと記念病院、鹿児島県立大島病院、南九州病院、真愛病院、新門整形外科、サザン・リージョン病院、田上病院、出水郡医師会広域医療センター、済生会川内病院、川内市医師会立市民病院、鹿屋医療センター、藤元総合病院など。
沿革:
明治2年創設の薩摩藩学校が源。県立の鹿児島医学専門学校、鹿児島医科大などを経て昭和30年に鹿児島大学医学部となった。
大学HP:
http://www.kagoshima-u.ac.jp/exam/
地図:
住所:
〒890-8544 鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8-35-1
アクセス:
市電「脇田」電停下車、 徒歩約20分(シャトルバス有り)。市営バス「大学病院前」下車、徒歩約5分。

人気の記事

おすすめコンテンツ