2016年度合格実績

【国公立大学】
東京医科歯科大学/千葉大学/筑波大学/新潟大学/徳島大学/鹿児島大学/防衛医科大学校

【私立大学】
慶應義塾大学/東京慈恵会医科大学/順天堂大学/日本医科大学/昭和大学/東邦大学/東京医科大学/杏林大学/日本大学/東京女子医科大学/北里大学/聖マリアンナ医科大学/獨協医科大学/帝京医科大学/埼玉医科大学/岩手医科大学/金沢医科大学/藤田保健衛生大学 
(※2016年度合格実績)

予備校基本情報

■医学部合格率の高さには自信があります
MEDIC TOMASは、完全1対1、全室ホワイトボードが付いたプライベートレッスンが受けられる個別指導専門塾です。小論文や面接対策など、通常科目以外のサポートも行っていて合格率の高さには自信があります。

■プロの講師陣と現役医大生TAが医学部受験をトータルサポート
超難関と言われる医学部に合格するには、志望校で出題されるポイントに絞って無駄なく学習することが大事です。TOMASには医学部に精通した担任が、生徒一人ひとりに合わせた学習計画をトータルコーディネート。カリキュラムの進捗管理や受験校選定のお手伝いをします。その計画をもとに、これまで医学部合格者を数多く輩出してきたプロの講師陣がマンツーマンで指導。先生と距離が近く、わからない問題があればすぐにその場で解決しながら授業を受けることができます。演習指導や自習管理は現役医大生であるT.A.が行うので、未来の自分を想像しながら医学部合格に向けて勉強していけます。
■医学部受験当日まで、自習時間を徹底管理
科目数が多く、問題レベルの高い医学部に合格するには、当然自習時間も必要となってきます。個別指導は1コマ90分ですが、それ以外の時間をいかに自習する時間に割けるのかが大事です。TOMASに在籍しているT.A.は、一人ひとりの個別指導に合わせた自習時間を管理し、受験当日まで徹底的にサポートします。
■充実の小論文・面接対策で医学部合格を確実に
学科試験が良い結果が残せても、2次試験を苦手とする医学部受験生は多く、受験前には特別な対策が必要です。受かる小論文・面接にはきちんと「型」があり、難易度の高いものでも対策を取ることができます。

形態 医学部予備校
コース(クラス) ●中学生
 医学部受験に向けて、基礎学力を養成する
・医学部現役コース(中学生)
 
●高校1・2年生
 高校2年の終了時までに全範囲の学習を仕上げ、実践演習に備える
・国公立医学部コース
・私立医学部コース
・単科コース
 
●高3・高卒生
 志望校に合わせた個人カリキュラムで医学部合格を目指す
・国公立医学部コース
・私立医学部コース
・単科コース
 
授業形態 個別指導
授業料 授業料の詳細はお問い合わせください。
校舎名 郵便番号 住所 電話番号
MEDIC TOMAS市ヶ谷本部校 102-0076 東京都千代田区五番町1-10市ヶ谷大郷ビル3F 0120-39-1359
MEDIC TOMAS千葉校 260-0031 千葉県千葉市中央区新千葉1-4-2ウェストリオ2 10F 0120-39-1359
MEDIC TOMAS柏校 277-0852 千葉県柏市旭町1-1-2 YK-7ビル7F 04-7142-3759
MEDIC TOMAS横浜校 220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-4-1 横浜天理ビル6F 045-317-3759
MEDIC TOMAS津田沼校 274-0825 千葉県船橋市前原西2-13-16 白井興銀ビル4F 047-479-1759