大学受験全体の中でも医学部受験はかなりのヒートアップを見せている。
受験者は年々増加の一途を辿り、その実力は拮抗状態。
その中から求める優秀な学生を選りわけるために受験問題自体は難化傾向を続けており、
1点の差が合否を分ける状況になっている。
ただがむしゃらに学力の向上だけを目指していたのでは、
この荒波を乗り越えるには十分とは言えなくなってきた。
この状況の中にいる医学部受験生に一助となる模試が、昨年度より開催されている
私立医学部受験に特化した全国模試「メディカルラボ私立医学部模試」だ。
昨年度は秋一回の実施であったが、本年度は春・秋の2回実施が決まり
既にその募集が始まっている。
開発者に模試の特徴やメリットを伺った。

「メディカルラボ私立医学部模試」のメリットはこんなにあります

自分でやるにはなかなか難しい、自分の“学力特性”の客観的な把握と、それに合った合格しやすい大学を割り出せる、志望校の正確な合格判定がわかる、というのが「メディカルラボ私立医学部模試」の大きな特徴です。この結果を受けて、受かりやすい大学に絞って徹底的な対策をすることが可能になります。また、志望校に合格するには、どの学力特性が足りないのかという視点から、その部分を強化する勉強にシフトするということも考えられます。
もうひとつの大きなメリットは、私立医学部を志望している人だけが模試を受験するので、本当に戦うことになる相手の中で自分がどれくらいの位置にいるのかということが把握できるということです。従来の模試では、他学部の志望者も受験していたため、参考程度に全体の中の自分の位置がわかるだけでした。レベルの高い争いの中で、自分がどれくらいの位置にいるのか、シビアな状況を掴むことができます。
そして、あまり公には知られていませんが、現役生かどうかでも合格しやすい大学というものが存在します。その点も一つの基準に加味して合格判定を受けることができることは、現役生にとっては大きなメリットだと思います。何より現役生は本番の受験をまだ経験していませんから、リアルにライバルが同席する会場でその緊張感を味わっていただきたいですね。

ぜひ「メディカルラボ私立医学部模試」を受験して自己分析を

今までお話してきたように、私立医学部の出題は、難度が高い問題を出題する大学、平易な問題を多く出題して高得点を求める大学、さらに問題量の多・少など、大学により特徴があります。
受験までの限られた時間の中で、全大学の対策をするのは無理があります。メディカルラボ私立医学部模試は1回の受験で、全国30大学の中からあなたに合う大学、合わない大学が分かるため、その結果を受けてあなたに合う大学を重点的に対策することを可能にします。
あなたに合う大学を適切に対策して受験することで、合格の可能性は高まります。
まずは「メディカルラボ私立医学部模試」を受験し、自己分析をしてみてくださいね。