予備校比較と医学部受験のための情報サイト!

受験対策

メディカルラボ私立医学部模試

SHARE
メディカルラボ私立医学部模試
大学全入時代になり10年近い年月が経ちますが、医学部入試に関しては未だ超難関である状況は変わっていません。医学部への入学希望者は20年前では約9万人であったが、ここ数年は13万人と増加しています。
文部科学省の発表では、2018年度の81大学の医学部入学定員総数は9,419人(2017年度から1人減)となっていて、約14倍の受験生が殺到しているという状況です。
平均すると合格率7%という「狭き門」に対して、受験生はいかに合格を目指して学習をするか、ということは努力や根性だけでは語れない学習が必要となることは必須であると言えます。
ここで紹介する「メディカルラボ私立医学部模試」は、私立大学の医学部合格を目指す医学部受験生の助けとなる模試としての特徴を備えた新しい形の模試です。

”自分の学力特性”と”大学の出題傾向”で合格の可能性を判定

「医学部入試」と言っても、出題傾向や形式は大学によって様々で、難易度の高い問題を出題する大学もあれば、平均的な難易度の問題で高得点を求める大学もあり、それらを同一の「得点」のみで判断することは難しいというのが現状です。
ただ、自分が目指す大学に対する自分の現在の実力はどの程度なのか。自分の現在の学力で合格できる可能性がある大学はどこなのか。受験生にとってとても重要なことであり「最も知りたい」と思うことではないでしょうか。
これを実現するためには、「現在の自分の学力と特性」を把握したうえで「大学の出題傾向や判定傾向」を考慮し、合格の可能性を判定することが必要になります。

自分の学力特性に合った大学を見つける

一般的な模試では「偏差値」を基準に合格の可能性を判定しますが、上記のとおり大学によって様々ある「合格の基準」に対して「得点」を基準とした「偏差値」では、正しく判定することは難しく、むしろ判断を誤ってしまう可能性があります。
「偏差値」が足りていたとしても、自分の特性がマッチしていない大学では合格の可能性は低くなり、逆に「偏差値」は足りていない場合でも、自分の特性がマッチしていれば合格の可能性は上がる。そんな「自分」と「大学」の状況を踏まえて判定をする模試が「メディカルラボ私立医学部模試」です。
そのため、現在の自分の学力で合格できる可能性が高い大学を知ることが出来ます。

メディカルラボ私立医学部模試

おすすめコンテンツ