医学部の受験勉強をする上で、どの問題集が良いとか、あの参考書が良いなど様々な情報が飛び交っています。しかし、実際のところ医学部受験では「コツ」を掴むことが大切なようです。優れた合格実績の予備校講師でも全員が東大や京大卒ではありません。今現役講師として受験指導をしている人たちが大学生の時、たくさん勉強をしていくうちに、なんとなく勉強法のコツが分かってきて、段取りや手順が理解できるようになったという話を聞きました。
しかし18歳、19歳の若者が自力ですぐにコツを掴むというのは難しいと思います。そんな時はどうしたらコツを掴めるのかを教えてくれるプロの力を借りて医学合格を目指せば良いのではないでしょうか。

登場人物プロフィール

予備校講師のHさん。
大手予備校講師歴15年。大学受験のエキスパート。
合格実績は東京大学、京都大学、慶應義塾大学など多数。
クールで落ちついた雰囲気の持ち主。
予備校講師のNさん
大手予備校で8年間指導経験を積んだ後、医学部受験専門予備校で受験指導をしている。
東北大学、東京医科大学、千葉大学など合格実績多数。
穏やかだけと時々熱くなるタイプ。
予備校教務主任 Mさん
合理的な考えの持ち主。以前は予備校講師として受験指導をしていた。
受験生だけでなく、講師からの信頼も厚い。
現役医師のIさん
総合病院で働くK大学医学部卒の現役医師。
常に冷静で的確な処置をすると同業者、患者からも支持されている。
大学教授のSさん
現N大学教授。入試の面接などにも携わり、数多くの優秀な医師を輩出。
おおらかで生徒からの人気も高い。
現役家庭教師Kさん
家庭教師歴12年。中学受検から大学受験まで幅広く対応。
話しやすい雰囲気で生徒ともすぐ打ち解けられる。
ライター
教育関連の取材記事、ウェブコンテンツを数多く手がける。
公平な目線と独自の意見を合わせたコンテンツは好評!