医学部受験に備えのある予備校は大きく二種類に分けることができます。
「医学部受験専門の予備校」と「大手予備校」です。
このふたつでは学費に大きな開きがあり、一般的に大手予備校のほうが割安となっています。
しかし、指導スタイルの違いを見てみればこの価格差は一目瞭然の結果です。
「自分がどこまで自分をコントロールして勉強をできるのか?」「どのスタイルが一番学力を上げることができそうか?」
単純に学費で医学部予備校選びをするのではなく、「費用対効果」までを見極めた選択が必要となってきます。

単純に比較すれば、大手予備校は割安。
医学部受験専門予備校は割高。

以下の表は「医学部受験合格ナビ」が医学部受験を視野に入れている主な予備校の学費を調べたものです。この表でまず目に飛び込んでくるのは、医学部受験専門予備校と大手予備校の学費の差でしょう。

医学部受験専門予備校は、高校卒業生を対象にした学費を年間400~600万円に設定しているところが多いのに対し、大手予備校の学費は45万円~84万円と、両者にはかなりの差があります。

では、この差はなぜ生まれるのか? それは医学部受験専門予備校が少人数授業や個別授業で指導を行っているのに対し、大手予備校は集団授業である、という授業スタイルの違いが一点。もう一点は、生徒一人ひとりの管理やサポートの手厚さの違いが挙げられます。

各医学部予備校と学費
医学部受験専門予備校 金額
メディカルラボ 入学金 100,000円
高卒生科
カリキュラム管理費:515,000円
年間授業料:4,335,000円
現役生科
カリキュラム管理費:1科目129,600円/年
メルリックス学院 私立医学部選抜コース:
年間2,340,000円
私立医学部受験コース:
年間4,176,000円
現役コース:
年間268,000円~419,200円
完全個別コース:
年間4,744,000円
現役完全個別コース:
年間982,000円
メビオ 入学金 300,000円
○ 高卒生
年間授業料:約7,200,000円
○ 現役生科
年間授業料:約5,500,000円
進学塾ビッグバン ○ 年間約 6,000,000円
レクサス教育センター ○ 難関医学部特訓コース:年間3,990,000円
富士学院 ○ 富士ゼミ:年間3,400,000~3,700,000円
プロメディカス ○ 本科コース:年間2,677,500円
大手予備校 金額
駿台 スーパー国公立医系:
年間841,000円
スーパー私立医系:
年間818,000円
代々木ゼミナール スーパーレベル国公立医学:
年間730,000円
ハイレベル私立医学:
年間760,000円
河合塾 トップレベル国立医大:
年間475,000円
私立大医進:
年間450,000円

※データは全て、医学部受験合格ナビ調べ(2014年11月)

「医学部に合格したい!」
学費だけで医学部予備校は決めていいのか?

大手予備校と医学部専門予備校の学費の差はなぜ生まれるのでしょうか?

大手予備校で行われているのは、先生が黒板の前に立って講義をする「集団授業」です。大手予備校の集団授業は、100人規模で行われるものも珍しくありません。一方の医学部受験専門予備校では10前後の少人数制授業を取り入れているところがほとんどで、中には1対1の個別授業を取り入れている医学部専門予備校もあります。

また、サポートの面で比較すると、大手予備校も担任制を取り入れるなどして対応していますが、一人ひとりの状態に合わせたカリキュラムを作成してくれるまでには至りません。その点、医学部専門予備校は少人数制や個別授業方式のメリットで、しっかりと個々の学力を把握した学習指導から受験校のマッチングまでしてくれます。

学費の差は二種の予備校の在り方の違いによって生まれます。どちらのスタイルが自分に合っていて、学力の向上できそうなのか? そこまでを見極めたうえで料金比較をし。医学部受験予備校選びをしてみてはいかがでしょうか?

特色豊かな医学部受験専門予備校の中から
選択をする際のポイント

目の行き届いた授業と手厚いサポートを求めて、医学部受験専門予備校に行こうと決めたとき、数ある専門予備校の中から「学費」ということを念頭におきつつ、選択をする際のポイントとなるのはどこでしょうか? それは、授業スタイルに尽きるかと思います。少人数制も1クラス17人~8人以下とバラつきがありますし、個別授業と比べれば授業中の講師との関係は希薄になります。

また、「この専門予備校は年間授業時間が多いから」という理由で安易に決めてしまうのもNG。大切なのは、学習したことをしっかりと定着させて、合格という結果に結び付けること。自分のキャパシティを大きく越えたつめこみ学習は、逆効果にもなりかねません。

自分にとって、結果に結び付く授業スタイルの医学部受験専門予備校はどこなのか、という視点を持って学費は比較することが大切なのです。

主要医学部予備校体制早見表

生徒一人ひとりに完璧に目が届く完全個別指導
メディカルラボ

指導スタイル 完全個別
コース Kラボ(国立大学の医系学部志望者対象)、
Sラボ(私立大学の医系学部志望者対象)
学費 高卒生科(Kラボ、Sラボとも)
入学金100,000円、個別カリキュラム管理費
515,000円/年間、年間授業料4,335,000円

※1週間に150分×10コマ(150分×8コマの1対1の個別授業と150分×2コマの演習授業)を行った場合の年間料金。希望に応じて授業の回数を増やすことも可能(有料)。夏期・冬期の季節講習会(参加任意)の学費は含まない。 現役生科(Kラボ、Sラボとも)
入学金100,000円、個別カリキュラム管理費129,600円/1科目年間(4科目以上は何科目受講しても515,000円で定額) ※授業料は1週間の授業数と学年によって異なる。授業は全て1対1の個別授業で、高3生の場合は1回(週150分)506,000円、2回(300分)1,012,000円、3回(週450分)1,518,000円。高1生・高2生コースもあり。高3生は2学期制。夏期・冬期の季節講習会(参加任意)の学費は含まない。

私立医学部に特化
メルリックス学院

指導スタイル 少人数参加型授業、個別授業
コース 【本科(高卒生対象)】
私立医学部選抜コース(1クラス17名)(S)、私立医学部受験コース(1クラス9名)(M)
【個別授業(高卒生対象)】完全個別コース(PP)
【現役生】現役コース(渋谷本校1クラス17名、福岡校1クラス9名)(G)、現役完全個別コース(PG)
学費 【本科】私立医学部選抜コース
入学金300,000円、年間授業料2,040,000円(すべて税別、月謝制)
【本科】私立医学部受験コース
入学金300,000円、年間授業料3,876,000円(すべて税別、月謝制)
完全個別コース
入学金10,000円、年間授業料18,000円×263コマ(計4,734,000円)※すべて税別、1コマは2時間。原則入学時一括納入。
現役コース
入学金100,000円、年間授業料:渋谷本校168,000円(1科目あたり)、福岡校319,200円(1科目あたり)※料金はすべて税別
現役完全個別コース
入学金10,000円、年間授業料18,800円×54コマ(計972,000円)※すべて税別、1コマは2時間。原則入学時一括納入。

※データは全て、医学部受験合格ナビ調べ(2014年11月)

【まとめ】医学部予備校はこう選べ!

医学部予備校の特待生制度を利用する

医学部専門予備校では学費面で大きな負担が生まれることは事実です。その負担を減らすために特待生制度を設けている予備校もあります。特待生制度の例をあげると「選抜試験で全教科が合格基準点を満たせば年間の学費が50%以上免除」「選抜試験の基準をクリアすれば、年間の学費が30~50万円免除」というようなもの。医学部予備校の特待生制度の有無も確認してみましょう。また、予備校在籍を経て大学合格すると奨学金が出るというユニークな制度を設けている医学部専門予備校もあります。

学費で医学部受験予備校を比較するときに考えるべきこと

  • 集団授業と少人数or個別授業、
    どちらが自分に効果的な勉強スタイルなのか考える
  • 密な授業を求めるなら、個別授業以上の方法はないことを念頭におく
  • 授業時間(1コマ、週、年間)に各校大きな違いがあることを確認する
  • 学費の中に夏期講習や冬期講習など、
    季節講習会の費用が含まれているかを確認する。
  • 寮のある医学部予備校も多いので確認する。
  • 奨学金制度の有無を確認する。