過去問はただあたるだけでは力にならない

過去問を解くとき、ついつい解答が合っているかばかりに気を取られて、解いただけで終わりにしてしまっていないだろうか? 過去問に数多く取り組むことはとても良いことだが、それが身についていなければ意味がない。各教科での過去問の演習方法について確認しよう。

数学の過去問演習

数学での過去問演習は微分積分の計算が体に定着してから行うのが望ましい。現役生だと、計算の定着作業を行うのは夏休みの期間が良いので、それ以降から始めることになる。

志望校の過去問を解いていくうえで気をつけたいのは記述の過程を大切にすることだ。説明文が一文抜けただけで減点となってしまう。記述した解答は学校や予備校の先生に必ず添削してもらうこと。

つまずいた問題があったら、参考書や問題集で類題を探してやってみる。つまずいた問題に関しては3日後、1ヶ月後、3ヶ月後など、少なくとも3回は解き直したい。数学は多くの問題に触れることも大切だが、最も大切なのは反復だ。

そして、医学部受験数学は、タイトな時間の中で多くの問題数を処理することを求められることも多い。そのような大学に関しては、過去問の傾向をしっかりと把握し、解きにくい問題は飛ばすという取捨選択の能力も身につけたい。

英語の過去問演習

英語ではじめに必要なのは単語、そのあとに文法、そして過去問演習と移る。医学部受験の長文読解では、他の学部では出てこないような医学に関する単語が出て来ることがあるが、これは過去問演習をしていく中で取得していく。専用の単語帳などにまとめると良いだろう。過去問演習をしたあとは、その長文を音読してみることをお勧めする。声に出すというアウトプット作業は、記憶をインプットするには最も有効な作業だ。

また、各大学の傾向とその対策も身につけたい。例えば大問1が難解で、そのあと順を追って難易度が下がるような出題をしてくる大学がある。そういったケースには後ろの問題から解いていくという対策が有効になる。

理科系科目の過去問演習

理科系科目の過去問演習で重要なのは、その問題に隠れた事実まで身につけていくことだ。例えば正誤問題があったとしたら、解答を出して満足するだけではなく、どこが誤っていて正しくはどうなのかということを考えてみる。すると1問で複数の問題を解いた力がついていく。

化学では一見すると生物に見えるような問題が出題されることがある。その時もきちんとつながりを持った知識が身についていれば、化学の問題であることがおのずとわかる。

理科系科目で大切なのは、全ての単元がつながりをもっていることが実感できているかどうかだ。過去問演習をしながらそのことをしっかりと確認し、弱いと感じたところは教科書レベルから見直してみよう。実は教科書は一見わかりづらいようで、全ての事象がつながるようにうまく構成されている。