1 入室

控室から面接試験は始まっています。名前を呼ばれたらはっきりと「はい」と返事をしましょう。
入室の際にはドアを3回ノックすること。「お入りください」という声がかけられたら、ドアを開け「はい」と返事をしたあと、「失礼します」と言って入室します。

2 あいさつ

入室したら、ドアを閉めることを忘れないようにしましょう。お辞儀をしたあと「よろしくお願いします」とあいさつします。かかとをつけて足はまっすぐに。顎を引き、腰から曲げておじぎをします。男性は両手を体の横に真っ直ぐとつけた状態で、女性は体の前で手を軽く重ねる感じで置きましょう。

3 着席

着席は面接官から「ご着席ください」と言われてからします。腰かける際にもおちついてゆっくりと座りましょう。
座る姿勢にも気をつけてください。顎を引き、背筋を伸ばし、背もたれにはもたれません。力が入りすぎて体が反りかえってしまうのも不自然です。男性は軽く拳を握った状態で両膝の上に手を置き、女性は膝の上で指を伸ばして軽く重ねます。

4 面接中

面接官の目を見て話しましょう。面接官が複数いる場合は、話をしている人に体も向けるように心がけてください。目線だけを向けるのはNGです。まわりをキョロキョロしたりすることなく、緊張すると手足に癖が出る人は気をつけましょう。

5 退室

面接官に「これで終了です」と言われたら、起立して「ありがとうございます」と言い、お辞儀をします。ドアの前で「失礼します」と言った後、もう一度一礼してください。退出後にドアを静かにしめましょう。退出後の態度も見られている場合があります。会場を後にするまで、気を抜くことをしないように気をつけましょう。