プロフィール

性別 男性
年齢 40歳以上
住所 和歌山県
受験した学部 医学部
受験したのは何年前か 10年以上前

Q1.あなたが医学部を目指したきっかけ、志望大学を選んだ理由について当時を思い出してお答えください。

私の祖父は心筋梗塞を繰り返していて、いつも救急で断られて苦しんでいました。また、祖母は胃潰瘍で若いころに胃をほとんど摘出していたため、いつもガリガリで貧血を繰り返していいました。そんな二人を救えるような医者になりたいと思い、祖父母が亡くなる前に医師になると約束したのがきっかけです。

Q2.医学部を受験をした際、試験に向けてどのように学習したのかを当時を思い出してお答えください。

過去問は覚えるくらいまで繰り返し何度も勉強しました。英語では特に英単語の意味をはてしなく覚え続け、その時使った駿台の3神器はとても役に立ったと思います。直前には社会などをひたすら暗記するといった受験勉強法でしたが、もともと勉強は嫌いではなかったので、苦痛ではありませんでした。

Q3.医学部受験ならではの面接や小論文対策について、当時を思い出してお答えください。

医学部受験においては小論文はテーマが予想もできなものであることが多いです。新聞などで色々な社会ネタをくまなく暗記しておき、空想力でとにかく書き綴るという練習を繰り返しした結果、どんなテーマでも小論文を書けるようになりました。もともと会話が好きだったことも良かったのだろうと思います。

Q4.学習面以外でのケア(モチベーションの維持、健康管理など)について当時を思い出してお答えください。

よくたべてよく寝ていました。とにかく風邪など引かぬように常に気を張っていました。外出時のマスクと手洗い・うがいは欠かさず行い、精のつくものをたくさん食べました。眠りたいときは少しだけ眠るようにしていたので、いつも頭はさえていたように思います。

Q5.医学部で学ぶ上で必要と感じたものについて、当時を思い出してお答えください。

大学に入るときに必要であったことは礼儀でした。小さいころに培った剣道での先輩・後輩に対する接し方や、年上の方に気を使った話し方・話の進め方などいろいろな人と話をしてきたことが役に立っているのではないでしょうか。先入観を持たず、食べず嫌いにならぬことが大切です。